正社員で働くメリット

雇用が安定しているのが最大のメリット

正社員で働く次第のメリットはなんと言っても雇用が安定しているところです。日本は労働者の扱いが悪いと言われることも多いものですが、その分雇用がしっかりと守られていて、簡単に解雇されることはありません。バイトや派遣社員であればいつでも相手側の思うがままに切られてしまいますが、一度正社員として採用をされれば本人が辞めようとしない限りは解雇されるリスクは極めて小さなものとなります。正社員になればいつ仕事を失ってしまうのかという不安を持つことなく、安定した仕事に安定した収入を得ることができますから、余裕のある生活をすることができます。特に何か他より秀でているものがない人ほど、雇用が保証される正社員になるメリットは大きいと言えるでしょう。

待遇面も正社員は充実している

日本の正社員のしくみは待遇面でも非正規雇用よりも充実しているというメリットがあります。普通に考えれば雇用が安定しないほうが仕事を失うリスクが高い代わりに待遇がよくなるはずですが、実際にはそのようにはなっておらず非正規雇用だと雇用の安定もなければ待遇面も悪い傾向にあります。正社員となれば福利厚生が充実していて給与面でも非正規雇用よりも高く、昇給もありボーナスも出ます。同じ仕事をしていても雇用形態が違うだけで、待遇面が大きく変わってくるものであるだけに、日本で働くのであれば正社員にこだわるのが賢い選択ということになります。これはあくまでも傾向の話ではありますが、多くの場合は待遇面でも正社員のメリットは大きなものとなっています。